« 2011年6月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年7月

2011年7月24日 (日)

素晴らしき朝日と虹と夕暮れと、龍のごとき雷とを一日のうちに見てしまった日の夜に。

素晴らしき朝日と虹と夕暮れと、龍のごとき雷とを一日のうちに見てしまった日の夜に。

人生は、意志決定の積み重ねと心得る。
 
だけど、時にどうしようもない大きな流れを感じる時がある。
 
全てはそうなるしかないように仕組まれているような。
 
それは、他力本願による導きか
 
宇宙の理か、
 
ただの選択の末の結果、か。
 
かよわき魂は時の激流に翻弄されるけれど、
 
この流れを必死に泳ぎきれば、
 
眼前に新たな世界が広がると信じるから。
 
ただただ、今、この縁に、全身全霊を捧げる。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

東京国際ブックフェア行ってきました!

東京国際ブックフェア行ってきました!
東京国際ブックフェア行ってきました!
東京国際ブックフェア行ってきました!
東京国際ブックフェア行ってきました!

ブックフェアは、3年前に比べて、ぐっとトーンダウン。わくわくトキメキ感がびっくりするくらい少なくて…これも不景気のせいなの?
 
社員旅行先にしなくて良かったかも。
 
でも、(キャラクターとかの)ライセンシングビジネスと電子書籍の勢いはあったなー。
 
電子書籍分野は、まだまだビジネスモデル模索中みたいだけど、仕掛けの部分で肝心なところは、どうやら今までと変わらないようだー。
 
セミナーで話きいて、身近に感じられて、なんだかわくわくしてきた!
 
その是非を問うてる間にも、どんどこ生活に浸透していく勢い。
 
雑貨EXPOの方はスマートフォンやipadのおしゃれなカバーが数々出展されてた。
 
アノ機器たちは、これから、もっと生活に、肌に、馴染んでいくんだろうな。
 
 
 
昔から、物を売るんじゃない、物語を売るんだ!って話があるよね。
 
確かに書籍ブースは静かだったけど、物語は本の枠を超えて、物に形を変え、空間を形成し、私たちを迎えてくれてた。
 
ちょっと二日酔い気味で…うまく言えてるか自信ないけど…
 
書籍ブースに勢いをイマイチ感じなかったけど、「物語」の需要は衰えてない。
 
むしろ、すごく、今求められてるって感じた。
 
きれいなディスプレイにきれいな商品、も、もちろん素敵なんだけど、
 
物語性のあるブースのわくわくトキメキ感といったら、たまらんよーでした。
 
 
 
あと、製本の匠のコーナーがあった。「こんな本があったら素敵」が原動力。あとは、それを作り上げる根性と気遣い。
 
うちの製本スタッフも、日本の誇る製本マスターと呼ばれる日も遠くないかも。
 
 
 
さてと。お蕎麦を食べて、トキメキ★ゲットに行ってきまーす。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年10月 »